ガレット・デ・ロワの献上式

献上式
19日の火曜日の夜、吉田の関西日仏学館で「ガレット・デ・ロワ」の献上式がありました。
京都にフランス領事館が移転してきたので、これまでは六本木の大使館だけで行なわれていた献上式が京都でも開催されることになったそうです。

もともとカトリックのお祝いの日、「エピファニー(公現祭)」のお菓子。
公現祭(節)とはキリストがお産まれになったことが公になった日、1月6日です。
フランスでは、1月中はこのお菓子が街中で売られます。
パイの中はクレーム・ダマンド、シンプルなお菓子。
クレームの中に、フェーヴという小さな陶器の人形が入っていて、当たった人は紙の王冠をかぶり、王様、王女様として、一日を過ごすそう。。。昔は本当にフェーヴ(空豆)が入っていたとか。

この日は関西の沢山のパティスリー、東京からも何軒かのお店のシェフが、それぞれのお店のガレット・デ・ロワ
を持参して集結するという、夢のようなパーティも開催。
参加者は、試食することができました。(もちろん全部は食べられませんけど、)

それぞれ生地の模様、焼き加減、クレームに個性があり、同じガレット・デ・ロワでもヴァリエーションいっぱいです。じっくり味わってみると、発見が沢山。勉強になります。

でも、ガレットといえばやっぱりお楽しみはフェーヴ!
真剣に味見をしていても、フェーヴが出てきたらかなりテンションが上がります(^^)
可愛くないフェーヴもあったりして、それはそれで盛り上がるし。
二個出てきましたが、一つは苺のかわいいものでしたが、もう一個はなぜか幌付きのトラック、何故トラック?。
でもこのわくわく感は、日本でも喜ばれるはず。

来年こそはコレットでも、ガレットやりたいわ・・・。と二年越しの誓いを新たにするのでした。
今年は日々のワークに追われて、出来なかったのです。
せっかく教えてくださった先生、予約したいなあと思ってくださっていた方たちにごめんなさい(::)


スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

コレット

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2012年、白梅町から下鴨に移転しました。 〒606-0831 京都市左京区下鴨北園町11-4 下鴨本通り北泉通り上ル西側 フレンドフーズ(スーパー)の二軒南です。
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:12:00~19:00(もしくは売り切れ次第) カフェは12:30〜18:30ラストオーダーです
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle