スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パン・ド・ジェーヌが焼けました♪



パン・ド・ジェーヌ、つまりジェノバのパンという意味です。
マジパンと卵をよーく馴染ませてから、ふんわりと泡立てて。
粉、溶かしバターを混ぜて焼きます。
甘さはマジパン頼りなので、良質で味の良いものを選ぶ必要があります。

フランスでは側面が波型のタルト型で作ることが多いのですが、ひょっとすると
それが日本に伝わって、あの日本の昔ながらの丸いマドレーヌの元になったのでは!?なんて思いついたりしました。

コレットでは、マーガレットの型で焼いてみました。
ふわっとしているのに、密度も濃い生地はちょっとバウム・クーヘンの食感に似ているかな?
カットして販売予定です。

今日はニューヨーク・チーズケーキもあります。

牛乳のジュレ、赤い桃ソースも。

プルーンのキッシュ。

チーズタルト。

さつまいもと紅玉のクランブルタルト。

ブラウニー。

秋のタルト(シシリー産のホールアーモンドとピスターシュ入り!のほろ苦いキャラメルタルト)。IMGP2053_convert_20110528072812.jpg



などなどいろいろ。
グラノーラ(オートミールクッキー)はイチジクと生姜、胡桃入りです。
フロランタンはアーモンドとマカダミアナッツでワイルドに。
IMGP2042_convert_20110528072623.jpg


作りたいものが次々とあるのですが、雨だからお客さま多くないし、様子をみながら作らないと!

お菓子を食べたくなったら、コレットへどうぞおこしください
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

コレット

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。2018年5月より自宅近くの西陣に移転いたしました。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2018年下鴨から西陣に移転いたしました。 〒602-8494 京都市上京区新猪熊東町350 グランドムール西陣103 千本寺之内の交差点から寺之内通を二筋東へ、南西の角のマンション一階
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:11:00~18:00 もしくは売り切れ次第
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。