スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dundee cake from Scotland

コレットではフランス菓子に限定せずに、色々な国で出会った焼き菓子をご紹介できればいいな、と思っています。
今ではコレットの定番の味になっているブラウニーはフランスでも普通に売られていますが、もともとはイギリスのお菓子です。

イギリスは紅茶の国ですから、それに合うお菓子も沢山!
数年前、イギリスに行って、感動したのはフルーツケーキが何種類もあること。
金塊のようにずっしりと重いフルーツケーキを、何本も持って帰ってきました。

明日は、スコットランドのダンディーケーキというフルーツケーキが店頭に並びます。
ダンディーといっても、「洒落者、紳士・・・」という意味ではなく、「Dundee」という地名が由来です。
(カタカナの名前だけを見てすっかり、ダンディな男性が好むケーキという意味だと思っていました(笑))

写真がないので、分かりにくいですが、丸いフルーツケーキです。
ダンディーケーキに必ず入るものとしては、オレンジピール、レーズン。そして、アーモンドが飾りに使われます。

コレットでは、オレンジピールとレーズンをラム酒に漬けたものとくるみを焼きこみました。
表面にはあられ糖をトッピング。しゃりしゃりとした食感がアクセントになります。

フルーツケーキやパウンドケーキがお好きな方にはおススメのお菓子です。
丸ごと販売して、ゆっくりと味わっていただきたいところですが、ひとまず、カットでご用意しています。






スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

コレット

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。2018年5月より自宅近くの西陣に移転いたしました。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2018年下鴨から西陣に移転いたしました。 〒602-8494 京都市上京区新猪熊東町350 グランドムール西陣103 千本寺之内の交差点から寺之内通を二筋東へ、南西の角のマンション一階
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:11:00~18:00 もしくは売り切れ次第
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。