雨の日の贈り物

5月と6月、雨の日にご来店、お買い上げ頂いたお客様に、感謝の気持ちを込めて、焼き菓子プレゼントします

今日からはじまります
スポンサーサイト

tarte au citron

すっかり梅雨ですね。

庭や畑の植物には必要な雨です。
でも傘をさしながらのお出かけには、この雨はちょっとつらいですね。
自転車や徒歩のお客様が多いコレットのお店、かなりのんびりした日々が続いています。キビシイ。


今日は久しぶりに、タルト・オ・シトロン作りました。酸っぱいレモンカードを炊いて、タルトに詰めて、イタリアンメレンゲで飾ります。ちょっとオーブンで色づけて。
酸味と甘味が絶妙で、梅雨の気分をスッキリさせてくれるはず。。。

パン・ド・ジェーヌが焼けました♪



パン・ド・ジェーヌ、つまりジェノバのパンという意味です。
マジパンと卵をよーく馴染ませてから、ふんわりと泡立てて。
粉、溶かしバターを混ぜて焼きます。
甘さはマジパン頼りなので、良質で味の良いものを選ぶ必要があります。

フランスでは側面が波型のタルト型で作ることが多いのですが、ひょっとすると
それが日本に伝わって、あの日本の昔ながらの丸いマドレーヌの元になったのでは!?なんて思いついたりしました。

コレットでは、マーガレットの型で焼いてみました。
ふわっとしているのに、密度も濃い生地はちょっとバウム・クーヘンの食感に似ているかな?
カットして販売予定です。

今日はニューヨーク・チーズケーキもあります。

牛乳のジュレ、赤い桃ソースも。

プルーンのキッシュ。

チーズタルト。

さつまいもと紅玉のクランブルタルト。

ブラウニー。

秋のタルト(シシリー産のホールアーモンドとピスターシュ入り!のほろ苦いキャラメルタルト)。IMGP2053_convert_20110528072812.jpg



などなどいろいろ。
グラノーラ(オートミールクッキー)はイチジクと生姜、胡桃入りです。
フロランタンはアーモンドとマカダミアナッツでワイルドに。
IMGP2042_convert_20110528072623.jpg


作りたいものが次々とあるのですが、雨だからお客さま多くないし、様子をみながら作らないと!

お菓子を食べたくなったら、コレットへどうぞおこしください

塩サブレたち

IMGP2031_convert_20110518090226.jpg

いま、塩サブレはこんな型で作ってます。
型はついつい増えてしまいます。なかには、うまく抜けないような複雑な形も・・・・。
アラベスクのポジションのバレリーナ型は無理でした
キノコ、くま、ワニ、魚はいけそう。
塩サブレでちょこちょこ使っていこうと思います。

creme caramel

IMGP2035_convert_20110518085607.jpg

クレーム・カラメル。
カラメルがしっかり濃いプリンです。
平飼い卵、オーガニックきびざとう、低温殺菌牛乳、タヒチ産バニラで作りました。
底の濃いカラメルのほろ苦さと、上に絞った生クリームの甘さがバランスよし。
今日はアメリカンチェリーものってます




tarte aux pignons, gingembre et mikan

IMGP2018_convert_20110518085810.jpg

こちらもコレットの新作。
「松の実タルト、生姜の香りとみかんマーマレードと」。
シュクレ・ダマンド生地にクレーム・フランジパーヌ(カスタードクリームとアーモンドクリームを混ぜたもの)を詰めて、ローストした松の実をのせて。
クレームには、みかんのマーマレードと生姜のコンフィをしのばせました。
ナッツはどれも好きですが、松の実は中でも特別。アロマオイルにも使われる松(pine)に通じる、爽やかな香り。


IMGP2013_convert_20110518085848.jpg

仕上げには、アプリコットのコンフィチュールを塗り、グラス・ア・ローで涼やかに。

コレットのお菓子の目指すところは、シンプルな見た目ながら、ハッとするような味の組み合わせ。
すっきりとした後味。ホッとする甘さも。
そういうことがはっきりとしてきた、今日このごろです。

ベレ・コレットです♪


IMGP2038_convert_20110518085436.jpg

おひさしぶりの更新となりました。

新しいコレットのお菓子、「ベレ・コレット」です♪
ただのシュー・クリーム?
ええ、たしかに中からなにか出てきたり、という仕掛けはございません(^^)

かぶせたフタの部分がベレー帽みたいなので、
「ベレ・コレット」と名づけました。
ちょこんとピスタチオでおめかしを。。。

もちろん、シュー生地にも、クレーム・パティシエール(カスタードクリーム)にも京都産の平飼い卵がたーっぷりと使われています。
素直においしい、正直シュークリームです。
コレットらしさとしては、キルシュがしっかり効いているところです

sidetitleプロフィールsidetitle

コレット

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2012年、白梅町から下鴨に移転しました。 〒606-0831 京都市左京区下鴨北園町11-4 下鴨本通り北泉通り上ル西側 フレンドフーズ(スーパー)の二軒南です。
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:12:00~19:00(もしくは売り切れ次第) カフェは12:30〜18:30ラストオーダーです
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle