クラフティ・オ・スリーズ(さくらんぼのクラフティ)

clafoutis aux cerieses
グリオット種の酸っぱくて、香りの良いさくらんぼをたっぷり使ったタルトです。
フランス、リムーザン地方のお菓子。家庭でもよく作られます。
コレットではもちろんさくらんぼの種を除いてタルトにしていますが、もともとは種入りのまま焼きこんでいた、というから驚きです。味が良くなると言われているそうですが。
食べるのがタイヘンそうです。でもちょっと食べてみたい気もしますね。味違うかしら。


clafoutis aux cerieses
ざっくりとした素朴なお菓子のようですが、アパレイユ(タルトに流した生地)にはキルシュがしっかり効いていますし、さくらんぼは炊いたものと生のもの、両方入っています。
タルト好き、酸っぱいのも好き、という方にぜひ召し上がっていただきたいお菓子。


※コレットでは常時2種類程度のタルトが店頭に並びます。
さくらんぼのタルト、必ずあるというわけではありませんので、絶対コレ!という時はお電話でご確認ください。
また、事前にご予約いただくと、ホールでお作りもできますので、ご相談くださいませ。


[おまけ]
今日、火曜日は夕方から歯医者へ。
結構ガリガリやられまして、憔悴しきって夜道をとぼとぼ。
そう、ここは円町。
7,8月限定のアレを食べて帰ろう♪と、タイカレ~のお店、「シャム」に寄り道してしまいました。
アレとは、グリーンカレ~ヌードル。
温かいカレ~に冷たい冬瓜、トロリと炊いた牛バラ。程よい固さの米の麺。完璧です。
パクチー増量で、汗をかきながら堪能しました。
店を出る頃には、歯医者のショックも忘れて、(ついでに傘まで忘れてしまったが)スッキリ。
あ~、傘、あるといいけど。
傘という口実?もできたので、また行かなくちゃ(^^;)いえ、また行きたい。



スポンサーサイト

クレーム・カラメルの写真を

プリンの写真、アップします。
creme caramel
ココットに入っています。
これをひっくり返すと・・・。
creme caramel
こんな感じ。濃い目のカラメルがたっぷりです。
ひっくり返して、クレーム・ランヴェルセ。


苔玉
これは苔玉。
アイビーの苔玉はお客様から頂きました。
この過酷な暑さの中、元気に葉を広げています。

バナナブレッドの蜂蜜

いつもはニュージーランドの百花蜜を使って作っているバナナブレッド。

今日はさくらんぼの蜂蜜を使って作ったスペシャルバージョンです。


バナナブレッドラバーの皆様、ぜひ普段の味と比べてみてくださいね。
・・・。
いま自ら試食してみました
やっぱりさくらんぼのニュアンスありますよ~。


今日のロールケーキは、山形庄内より届きました赤肉メロンです。
贅沢な夏の味。






クレーム・カラメル=プリン♪

地蔵盆の影響か、今日はお菓子、早々と少なくなってしまいました。
チョイスが少なくてごめんなさい。

明日はニューヨーク・チーズケーキ沢山用意してお待ちしております!

そして、コレット初登場。
リクエストの多かった「プリン♪」できました。
明日、日曜日お店に並びます。
平飼い卵、きび砂糖、新鮮なミルク。オーガニックのヴァニラ。
シンプルな材料。カラメルもきび砂糖で作りました。濃い目のカラメル。
懐かしい味です。ほっとします。
ぜひお試しくださいませ。

秋の気配?

京都はこの週末、あちらこちらで地蔵盆が行なわれています。
一方通行の細い路地は地蔵盆のために通行止め、なんていうのもめずらしくありません。
こどものころからそう、地蔵盆が夏の終わりの合図。
ここまで遊んで、ヤバイ!と焦って宿題に取り掛かる・・・(^^:)

まだまだ暑いのですが、ちょっとずつちょっとずつ秋に近付いているような気がしませんか??
気配という程度だけれど。

テレビでディズニー・ハロウィーンのコマーシャル。
やっぱり秋、そこまで来てます。ホーンテッド・マンション行きたい。


コレットでも、ほんのり秋の予感です。
クッキー、焼き菓子類よく売れるようになってきました。
今日は特に(^^)。
来年の参考にここに書き記しておきましょう。

書棚

books.jpg
夏。
夏には文学が似合います。
コレットの書棚には本がならんでいます。



コレットがタルトをカットする間、パラリとめくってみてください。
思わぬ言葉に出会えるかもしれません。

ブルーベリーのフラン

flan miltilles

畑のブルーベリー、今年は豊作♪
フレッシュなブルーベリーを沢山入れてタルトを作りました。
今週末も登場予定です。

酸味も甘みも程よいバランス。アントシアニンで目がキラキラと輝く、はず(**)!



世の中はお盆休み、今年のコレットは普段と変わらずに営業しました。
ちょっと暇だった。
いえいえ、これも経験です。
予約してくださった方、ふらっと来てくださった方、一日に2回も来てくださった方!
ありがとうございました(^^)!

今日はコレットはやっとお休み。
部屋の掃除にはげみました。
そして、夜はかわきたさんのローストビーフ(厚切り)とヒューガルデンホワイト。
手作りのオクラとみょうがのピクルスも。

8月折り返しました。
まだまだ暑い日が続くそう。

コレットのお菓子は素材次第なので、頻繁に足を運んでいただくと思わぬスペシャルメニューに出会えることもあります。

みなさま、楽しい夏を♪

new york cheese cake
ニューヨークチーズケーキ、今週末パワーアップして復活です。

発送いろいろ~チーズケーキも

gateaux fromagegateaux fromage


コレットのチーズケーキ、発送のご要望をいただいたので、ホールケーキ用のケースや箱を調べて購入しました。

これで発送可能になりました♪

ガトーショコラも送れます。

お問合せは店頭またはお電話で、どうぞ。

みずたまケーキ

8月になりました。
ううむ、暑い。

でも、この暑~いお天気のおかげで、いろんな果物もおいしくなるのですよね。
コレット母のお庭?畑?では今年、ブルーベリーが豊作♪
タルトやクラフティも良いけれど、小粒でかわいい実をみていたら、シンプルなケーキを作りたくなりました。

たっぷりのブルーベリーをフレッシュのまま焼き込んでいますので、
表面にも断面にも、ブルーベリー!
水玉模様です。
mizutama cake
名づけて「水玉ケーキ♪」。

キルシュ風味。
明日も焼きます。

gateaux chocolats 2
それから、これはガトーショコラ。
シンプルなお菓子だからこそ、使用するチョコレートによって個性が出ますね。
コレットでは、WEISSのチョコレートを使っています。
ブラウニーとはまた違う美味しさ。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2012年、白梅町から下鴨に移転しました。 〒606-0831 京都市左京区下鴨北園町11-4 下鴨本通り北泉通り上ル西側 フレンドフーズ(スーパー)の二軒南です。
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:12:00~19:00(もしくは売り切れ次第) カフェは12:30〜18:30ラストオーダーです
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle