Dundee Cakeのその後と、明日のコレット

昨日ご紹介した「ダンディーケーキ」
あっという間に完売でした。
やっぱり、コレットのお客様には焼き菓子好きな方が多いんだな~と実感。
放射状にカットする前に、私は丸ごと、私は半分くださいな、という感じで、売れていきました。

丸いフルーツケーキって、確かに魅力的ですよね。
明日はダンディーケーキは作れるか、未定です。すみません。

明日は土曜日、「キッシュ」の日です。「キッシュ・ロレーヌ」ちょっと変わりました。
更に美味しくなったと思います(^^)

「タルト・オ・フロマージュ」(チーズタルト)もおすすめです。

ロールは、多分メープル。
いちごが買えれば、雑誌掲載商品なので、いちごロールも作ります。だけど未定。

「牛乳ジュレ」もあります。
桃のコンポートも沢山炊きました。

「ブラウニー」も、いつもどおり。

「木いちごのフィナンシェ」も、こんがりと。

「タルト・オ・シトロン」も朝から作ります。
「キャラメルとナッツのタルト」ももちろん。
そうそう「バナナブレッド」もね。

フール・セック(クッキー類)、色々食べてもらいたいので、ポーション小さめのものも用意しています。
「フロランタン」も一枚からどうぞ。

それから新作!というほどでもありませんが、
ココナツメレンゲにミント味登場!気軽につまめるかわいいサイズです。


なんだか、沢山。
がんばります。
では、また明日。



スポンサーサイト

「go baaan」片手に路地裏探検♪

毎回読み応え十分なフリーペーパー、京都のグルメ・美容・カルチャー情報マガジン[ゴ・バーン]にコレットのお店が紹介されました。

94号、7月1日より配布の号に掲載されています。
今回の特集は「路地裏探検」!
表紙は美味しそうな「豆かん」が目印です。

路地裏探検・・・
京都といえば路地ですもんね。
今回取り上げられているエリアは、柳小路、鹿ケ谷通、四条新町上ル、北野白梅町。
それぞれ4軒のお店が紹介されています。
コレットはもちろん北野白梅町エリア。
一緒に載っているのは、フライ屋さん、七味屋さん、お漬物屋さん。
ぜひ、街角で[ゴ・バーン]をゲットして「路地裏探検」しましょう♪

いちごロールの写真が大きく掲載されましたが、
いちごの季節はもう、ほぼ終了・・・。
かわりにメープルロールが並んでいます。
良いいちごが入手できましたら、つくるんですけど。

Dundee cake from Scotland

コレットではフランス菓子に限定せずに、色々な国で出会った焼き菓子をご紹介できればいいな、と思っています。
今ではコレットの定番の味になっているブラウニーはフランスでも普通に売られていますが、もともとはイギリスのお菓子です。

イギリスは紅茶の国ですから、それに合うお菓子も沢山!
数年前、イギリスに行って、感動したのはフルーツケーキが何種類もあること。
金塊のようにずっしりと重いフルーツケーキを、何本も持って帰ってきました。

明日は、スコットランドのダンディーケーキというフルーツケーキが店頭に並びます。
ダンディーといっても、「洒落者、紳士・・・」という意味ではなく、「Dundee」という地名が由来です。
(カタカナの名前だけを見てすっかり、ダンディな男性が好むケーキという意味だと思っていました(笑))

写真がないので、分かりにくいですが、丸いフルーツケーキです。
ダンディーケーキに必ず入るものとしては、オレンジピール、レーズン。そして、アーモンドが飾りに使われます。

コレットでは、オレンジピールとレーズンをラム酒に漬けたものとくるみを焼きこみました。
表面にはあられ糖をトッピング。しゃりしゃりとした食感がアクセントになります。

フルーツケーキやパウンドケーキがお好きな方にはおススメのお菓子です。
丸ごと販売して、ゆっくりと味わっていただきたいところですが、ひとまず、カットでご用意しています。






キッシュといっても甘いキッシュ

これは、最近人気の「キッシュ・オ・プリュノー」。
quiche aux pruneaux
オーガニックのドライプルーンを赤ワインとスパイスで炊いて、濃厚なフラン液を流して、タルトを作っています。
タルト台は、パート・ブリゼ。サクサクの生地とネットリ(?)としたフランとプルーンがたまらないんです。
このサクサクにはコレットなりの秘密があったりもします。

じわじわとファンを集めるこのキッシュ・オ・プリュノー。
明日(もう今日ですね)も焼きます。


本日のオーダーケーキは

mama いちご
ご家族でコレットのケーキを楽しみにしてくださるN様ファミリー。
今日はママの誕生日。
ご指定はフルーツタルトです。
いちごたっぷりのタルトを作りました。
happy birthday
次女のなおちゃんがニコニコの笑顔で、ケーキを取りにきてくれました。
良いお誕生日を♪

うすべにあおい

植物がいきいきと育つこの季節。
たまにはハーブの話など。。。
mauve 0
これはうちの畑で育てている、マロウというハーブ。フランス語ではモーヴ、日本語ではうすべにあおい。
この花だけを摘んで、、、
mauve 1
乾かします。ハーブティー用。ドライにすると、長期保存できます。冷凍もOK。
mauve bleu
熱湯を注ぐと、こんなにきれいな青色に・・・。
そして、そして、レモン汁を加えると。
mauve rouge
赤色に変化します。
味はあんまりしませんので、他のハーブとミックスすると良いですね。
何度見ても、キレイ!と見入ってしまいます。
この色の通り、アントシアニンが豊富に含まれているそうです。
飲んだら、瞳が輝きます♪






生地が主役です

roule  d`elable
メープルロール、店頭に並びました。
メープルシュガー、オーガニックのきび砂糖、蜂蜜、牛乳入りのふんわりした生地が主役。
もちろん、クリームも美味しいです。
甘さ控えめのクリームと、味わい深い生地。
まだ、食べたことがない、という方はぜひ!
roules derable


お店から更新してみました。

暑い日になりそうです

看板
今週のコレット、塩サブレと胡椒サブレ沢山ご用意してます。
サッカー観戦のお供にカリカリっと♪いかがでしょう。
暑いですけど、スノウボールもあります。
沢山は作っていませんので、お取り置き希望の方はご連絡ください。
クロカン・アマンド(ビスコッティ)も良い色に焼けていますよ。

プルーンのキッシュ、バナナブレッド、牛乳ジュレ、メープルロール、ナッツとキャラメルのタルト、ブラウニー、
etc...
今からどんどん作ります!


今日は20時まで営業延長でお待ちしております。
18時はまだまだ明るくて、店を閉めるのが忍びないので。
サマータイム導入です。

コレットお店

コレットの店周辺、工事をしている家がいくつかあります。コレットの店の横の通路も今、工事中ですし。
自転車、お車の方は駐車しにくかったりしてご迷惑をおかけします。

オーダーケーキ

1er anniversaire


写真は、お付き合いして1周年というカップルのお客様のオーダーです。
チョコレートのデコレーションということと、メッセージの内容はリクエストして頂いていたので、
心を込めてハート型にしてみました


コレットでは、お客様のご要望をお伺いして、オーダーケーキをお作りします。
完全予約制ですので、1週間前までにご予約ください。

※オーダーとはいっても、基本的には、コレットのレシピの中からのチョイスになりますので、ご了承ください。

コレットはいつもどおり・・・

ちょっとだけごぶさたです。
6月になりましたね。
5月って長かったような気がします(私だけかな?)
季節の変わり目で体調イマイチ。。。という方も多いみたい。
みなさんは大丈夫ですか?
月がかわったので、気分も一新ということで、美味しいものを食べて夏に備えましょう♪


先日、ちょっとアクシデントで、かばんの中が水浸しに。
携帯(ドコモ)とデジカメが壊れてしまいました(涙)
一緒にしていたiphone、ipodが無事だったのがちょっとだけ救いです。(補償ないし。)
ドコモは補償に入っていたので、4000円ちょっとで新品になりましたが、使い慣れたデジカメが使えないので、ちょっとションボリ。ブログもさぼっておりました。

ブログはさぼりつつも、コレットは通常通り活動していました。

先週、京都のフリーペーパーの「ゴバーン」が取材に来てくれました。
お菓子や看板、写真満載でうれしい限り♪
7月1日発売号です。

さて今週の一押しのフール・セックは・・・
ムラング・ココ
(メレンゲですが粉砂糖は使わずに、おいしいきび砂糖だけでモンテしてます。ココナツももちろんオーガニック)

沢山準備してみなさまのお越しをお待ちしております。
レモンのディアマン
(ディアマンとはダイアモンドのこと。まわりにつけたお砂糖がきらきらとしているからです。
無農薬のレモンの皮を入れたシンプルなバタークッキー、美味しいお塩入り)


タルトも作ります。
ロールケーキも。
ブラウニーも。
フィナンシェも。
牛乳のジュレも。
バナナブレッドも。

いつも来ている方にとっては、多分いつもどおりのコレットでお迎えします♪
では、おやすみなさい。

(おまけ)

10年以上前のスペイン・モロッコの旅で出会った友人が神奈川から来阪!ということで。
ひさしぶりにお好み焼き食べました。
新梅田食堂街の「きじ」。
大学生の時以来だけれど、お店の様子はその時と全然変わってなくて、相変わらず人気店みたいです。
焼いてもらって、人数分にカットして出してくれたり、自然なあたたかいサービス。
モダン焼き、じゃが豚、スジねぎにお餅トッピング。満喫。美味しかったです。
ソース味、たまに食べたいですよね。

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2012年、白梅町から下鴨に移転しました。 〒606-0831 京都市左京区下鴨北園町11-4 下鴨本通り北泉通り上ル西側 フレンドフーズ(スーパー)の二軒南です。
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:12:00~19:00(もしくは売り切れ次第) カフェは12:30〜18:30ラストオーダーです
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle