林檎タルトのこと

granny smith
コレットでは、一年の半分以上の期間、林檎のタルトがお店にならびます。
9月末あたりから、ぼちぼち「シナノレッド」や「さんさ」で始まり、「紅玉」はだいたい年末まで、そして春までは「グラニー・スミス」がコレットのタルトになります。
さんさ

桜の咲き始めと同じころに、その「グラニー・スミス」もいよいよ終了となります。
あと残すところ林檎3個に。
タルトを一台作ったらおしまいです。
毎日毎日林檎を剥いて、薄切りにして、タルトに並べて焼き上げていたので、さみしい気持ちになります。

でも、また林檎の季節は巡ってきますから、それまでしばしのお別れ。。。
最後の一台は、明後日の土曜日に作ります。明日は勝手ながら林檎タルトお休みです。


・・・そんな林檎をはじめとした素材や生産者の方に支えられて、日々お菓子を作ることができています。
コレットは4月4日で2周年を迎えます。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

明日は林檎がお休みなので、金曜日ですが、ニューヨークチーズケーキが並びます。
ココナツメレンゲ、ピーカンボール、ゴマサブレ、塩サブレ、胡椒サブレ、フロランタン、ビスコッティ。
ブラウニー、クルミとクコのパウンド、ナッツとキャラメルのタルト、レモンのタルト・・・。
いちごロールなどがお店に並ぶ予定です。


あ、そうそうバナナブレッドも2本だけ出ます。早いもの勝ち?です!

では♪


スポンサーサイト

ちょっと先の話ですが・・・

クッキーたち

ちょっと先の話になりますが、
4月末から5月はじめお休みをいただきます。

4月26日(月)~5月3日(月)まで休みます。

またお知らせしますが、よろしくお願いします。

5月には雑貨屋コレットも単発で開店しそうです。
詳細後日。おたのしみに♪

コレットのパウンドケーキ

cake au kuko

春は、しみじみとやさしい味のパウンドがいいですね。
グラン・マルニエに漬け込んだクコの実と、ローストしたオーガニックのクルミを焼きこんだパウンドケーキ。
目やお肌に良いとされる漢方食材のクコの実、洋酒に漬けるとレーズンのようにしっとりして美味しいです。
色も綺麗。


焼きたてを落ち着かせてから、カットしてお店に出します。
一切れいかがでしょう♪


今年は「アリス・イン・ワンダーランド」も公開されるので、お紅茶に合うお菓子を考えたいなと思う今日このごろ。


いちごのタルトでお祝いを

tarte au fraise
これは、お友達の緑ちゃんのオーダーで作りました。
いちごが好きなお母様のためのバースデイタルト・・・。
中まで赤い「あまおう」を使いました。フランボワーズ、ミルティーユも少し加えて、大人っぽい仕上がりに。
粉糖でおめかしして、いちごのテーブルにのせてみました。

って、これはマリメッコのファブリックの壁掛けを、イケアのプラスティックのテーブルにのっけた即席テーブルです。


あまり変わったことはできませんが、オーダーのケーキのご相談は一週間前までにお願いします。

春はメレンゲ・・・

おひさしぶりです。
前回のブログ「寄り道」から、ほぼ一ヶ月ぶりの更新となりました。
お店はあいかわらずのペースで営業してます。新メニューもいろいろ。
弱った感じのブログでご心配いただいたみなさま、ありがとうございました。
もう、いろいろすっきり。溜め込んでいた自分の宿題も終わりました。
気持ちは軽い。
日々、シンプルに精進するのみです。

さてさて、春です。

桜もちらほら。
明日までは雨ですが、週末はお花見しないと。

春らしいメニューで思いつくのは、私の場合メレンゲのお菓子。
お散歩のお供にもぴったり、「ムラング・ココ」、ココナツ入りメレンゲです。
きび砂糖でモンテしたメレンゲにココナツをたっぷり入れて焼き上げました。
最近お気に入りの三角包みで、春らしく。(写真下)
meringue coco



メレンゲ菓子というわけではありませんが、ちょっとお手間のかかるイタリアンメレンゲをのせて焦げ目をつけた「タルト・オ・シトロン」。
毎日作っています。無農薬の国産レモンをぎゅぎゅっとしぼって、酸っぱいレモンクリームを炊いております。
安心で、かつ、パンチも効いていて、イタリアン・メレンゲのカシャっと崩れる音もなかなかステキです。。。タルト台のサブレもしっかりしています。酸っぱいレモンクリーム、甘いメレンゲ、しっかりサブレの組み合わせ。
アメリカで、スイスで、パリで食べた~という郷愁や、旅先での思い出の味に、コレットで出会えるかもしれません。
いまのところ、一日10カットだけ。お早めにどうぞ。

tarte au citron

sidetitleプロフィールsidetitle

コレット

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2012年、白梅町から下鴨に移転しました。 〒606-0831 京都市左京区下鴨北園町11-4 下鴨本通り北泉通り上ル西側 フレンドフーズ(スーパー)の二軒南です。
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:12:00~19:00(もしくは売り切れ次第) カフェは12:30〜18:30ラストオーダーです
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle