蜂蜜のお菓子

MIEL.jpg
昨日、久しぶりに蜂蜜専門店ドーラートさんに、蜂蜜を買いに行ってきました。
買うものは決まっていたのですが、他のお客さんに混ざって、いろいろ味見をさせていただきました。
シトロンやピノ(松)、希少な日本ミツバチの蜂蜜。初めて食べたアザミが華やかな味で美味しかった~。


コレットでも、ドーラートさんの蜂蜜でお菓子を作っています。
上の写真はニュージーランド産の百花蜜。マヌカも少し含まれているそうです。
滋味あふれる美味しい蜂蜜はコレットのバナナブレッドに使っています。PAIN AU BANANE
バナナブレッド。ちょうど良い熟れ具合のオーガニックバナナが手に入ったら作ります。40パーセントバナナです。バターはかなり少なめ、クルミ入り。朝食におススメです。

FINANCIERS.jpg

こちらはフィナンシェ(ちょっとピントが甘い・・・)。
これには、ラヴェンダー蜂蜜を使っています。焼きたてのフィナンシェは表面がカリッとしていて、香ばしいです。


スポンサーサイト

秋タルト2009

TARTE D`AUTOMNE

焼き菓子がおいしいこの季節、ナッツとキャラメルのタルトできました。
麦芽水あめ、タカナシの生クリーム、きび砂糖、発酵バターでキャラメルを炊き上げて、香ばしいクルミ、ピーカンナッツ、ヘーゼルナッツ、マルコナアーモンド、大粒のセミドライレーズン、白いちじくと合わせて、シュクレ生地のタルト台にたっぷりと流しました。


TARTE D`AUTOMNE

ホールでご注文の場合は、切るのがなかなかコツがいりますので、このようにお切りして箱に入れてお渡しします。ご進物にも良さそうですね。

プルーンのお菓子



PEYSANNE.jpg
シナモン風味のケックに角切りの紅玉、カルチェに切ったプルーンをのせ、アーモンドパウダー入りのシュトロイゼルをのせて焼き上げました。生のフルーツの果汁がじんわりと生地に染み出して、しっとり美味しいケックになりました。

PRUNEAU.jpg
こちらは、バナナ、プルーン、クルミのタルト。
焼き菓子好き、バナナ好き!という方はぜひ♪

10月生まれ♪

BIRTHTDAY TARTE

最近、10月生まれの方とよくお会いします♪私も10月生まれ。
なんだか美味しいもの好きな方ばかりなので、うれしくなりますね。
上のフルーツタルトはそんな中のお1人にご注文いただいた、バースデータルトです。
ご本人と同じように、可愛らしいタルトになりました!



10月生まれの会

こちらは嬉しいサプライズ、お誕生日が同じというタヴェルナ・イル・ヴィアーレの杉本シェフがドルチェ盛り合わせのお皿に書いてくださいました(^^)グラスの中はザバイオーネのアッフォガート、左はゴルゴンゾーラのチーズケーキ、右はボネです。お料理もドルチェもおいしかった!

忙しくとも、美味しく楽しい予定も沢山の今月、また頑張れそうです♪

紅玉のタルト

POMME.jpg

こんにちは、コレットです。

安曇野から減農薬の紅玉たくさん届きました。
さくさくのフォンセ生地にマルコナアーモンドパウダーで作ったクリームを敷き込み、薄切りにした紅玉を並べて、焼き上げました。紅玉って特別な美味しさがありますね。
毎日焼いていますので、ぜひ、一度お試しください。
ホールの場合はご予約をおねがいしますね。

POMME TASSE

こちらは、昭和30年代の日本製。
未使用、美品です。って、べつに販売しているわけではないですが(^^)
お店に飾っていま~す。
りんごモチーフのものとか、ついつい買ってしまいます。

ラッピング研修のため休業のお知らせ


10月2日~4日までコレット臨時休業です。
フランス文化を識る会主催のプロのためのラッピング、ディスプレイ講習を受講しています。
いちどきちんとラッピングを学びたいと常々思っていました。

マコンのパティスリーのマダム・マルティーヌのクラスに参加しています。
明日はグループでディスプレイの実践です。

参加者は大きな(大きな!)パティスリーのマダムがほとんど。
コレットのように6坪の小さなパティスリーはかえって異色のようです。
大店(おおだな)のマダムとお話するのは楽しく、刺激的でもありました。20091001.jpg
夜間飛行


はじめての本格的なラッピング講習は、付いていくのがタイヘン~と思いつつも、頑張ってきました。
やっぱりちゃんと習うと違う・・・。フランス的なラッピングだとおもいませんか?
下のはバタフライ、その名も「夜間飛行」です。

コレットの棚にかざりますので、ぜひ見にきてください。


では、休業でご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

なお、10月5日(月)は通常営業します。


sidetitleプロフィールsidetitle

コレット

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2012年、白梅町から下鴨に移転しました。 〒606-0831 京都市左京区下鴨北園町11-4 下鴨本通り北泉通り上ル西側 フレンドフーズ(スーパー)の二軒南です。
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:12:00~19:00(もしくは売り切れ次第) カフェは12:30〜18:30ラストオーダーです
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle