焼き菓子のご注文方法

先日遠方のお客様から、コレットのお菓子を友人からもらって利用したいと思ったけれど、ブログを見ても料金などが載っていないので、注文しづらい。。。とのご指摘を受けました。

コレットはもともと、ご注文いただいた分だけお作りして発送するという受注生産の形を取っていましたので、その都度、お電話でお好みやご予算、召し上がるのはお子様か大人の方かなどをお聞きして、半分オーダーメイドでおつくりしてきました。

これまでに頂いたご注文も様々で、主流は3000円~5000円のセットですが、1万円の桐箱二段、
500円の小さいセットを90個、結婚式の引き出物など。。。フランス製のラッピングペーパーもご好評いただいております。

店舗を持った現在でも、1人で製造、販売、ギフト発送をしています。できるだけ焼きたての味をお届けしたいので、特にギフトセットという形でストックはせず、やはりご注文いただいてから、お好みを伺ってお詰めするという形です。
しばらくは、いままでどおり、お電話かメールでご相談という方法をとらせていただきます。もちろん店頭でも結構です。

今後、分かりやすいメニュー表などを作りたいと思っております。
しばらくお待ちくださいませ。

送料は別途戴きます。
銀行振り込みまたは、郵便振替でお支払いください。
ご注文は一週間前までにお願いします。営業日以外でも電話OKです。
苦手な食材、また好みなどをお知らせください。
ご注文はお気軽に。。。
結婚式の引き出物など沢山のご注文は1ヶ月前までにお願いします。

CIMG1985_convert_20080417005931.jpg
こちらは結婚式の引き出物。90個。内容はじっくり相談しました。

詰め合わせ
この写真のもので大体5000円。大きめのパウンドを一本丸ごとというご希望でした。





スポンサーサイト

冷たいお菓子たち

今日も本当に暑い。。。コレットは8月いっぱいは店舗営業はお休みです。お気をつけください。
店舗は閉めていますが、今日はお中元の発送してきました。

明日からちょっと東北へ旅行に行ってまいります。


コレットは焼き菓子工房なのですが、今年は冷たいデザートにも挑戦してみました。

夏はツルンとしたあっさり甘みがほしくなりますよね。動物性のゼラチンは使用せず、海草由来のアガーを使っています。アガーは常温で固まるので、暑い時期、お持ち帰りの途中に溶けてしまう心配がないのでそういう意味でも優れものです。
グレープフルーツ
グレープフルーツのゼリーはほんのりとグランマルニエ風味。低カロリーです。


牛乳ゼリー
こちらは有機牛乳のゼリー。ペッシュ・ド・ヴィーニュのコンポートのせです。果肉が赤い桃のコンポートが色鮮やかです。風味付けにはクレーム・ド・ペッシュ・ド・ヴィーニュ、桃のリキュールを使用しました。牛乳ゼリーはなんだかホッとする懐かしい味です。


ロールケーキ
こちらはもう定番となりました、コレットのビスキュイロールケーキです。
フルーツは日によって変わります。この日は特に豪華!


ではでは、コレットの店舗は9月からの営業となります。
その間も、注文分の製造や、お菓子の発送などでお店にいることもありますので、ご予約など御用の方はノックしてみてください。

カトル・カール ケック・オ・バナーヌ

カトル・カール
こちらはベーキングパウダーを使用せず、同量のバター、薄力粉、砂糖、卵で作ったパウンドケーキ。
シンプルながら、驚きの美味しさです。でも作るのは簡単ではありません。バター、卵の温度、攪拌の加減・・・。真剣勝負です。膨張剤を使っていないので、オーブンの中でちゃんと焼き上がっていく様子を見るのが、嬉しい、楽しい。この感じはお菓子を作り始めた高校生の時のような、素直な楽しさです。アプリコットのジャムを塗り、レモンの糖衣で仕上げました。

banane.jpg
こちらはオーガニックのバナナをふんだんに使ったパウンドケーキです。お砂糖はメープルシュガーときび砂糖を使っています。メープルシュガーはミネラルが蜂蜜の10倍も含まれていて、あんまり体によくないカリウムは10分の1なんだそうです。優れものですね。お値段はかなり高いですが・・・。

キルシュ・クーヘン

ずいぶん更新をしていませんでしたが、コレットはちゃんと?営業してました(^^)
ためた写真をのせます~。

チェリー
これはアメリカンチェリーがある時期だけにつくることができる、さくらんぼとチョコレートのケーキです。
月に二回勉強に行っているspatuleの小林先生に習ったものをセルクルで1人用サイズに焼き上げました。
来年のチェリーの季節にまた登場するかな・・・。

夏季の営業について

poppy.jpg
久々の更新になりました。
今年の夏もとっても暑いですね。
みなさん、夏バテなどしてませんか?

写真は、6月に蓼科に行った時に立ち寄った、バラクラ・イングリッシュガーデンで見た芥子の花。
キレイでダイナミックで、思わず接写。

コレット長めの夏休みを取ります。
8月7日~31日、店舗営業はお休みします。


よろしくお願いします。





sidetitleプロフィールsidetitle

コレット

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2012年、白梅町から下鴨に移転しました。 〒606-0831 京都市左京区下鴨北園町11-4 下鴨本通り北泉通り上ル西側 フレンドフーズ(スーパー)の二軒南です。
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:12:00~19:00(もしくは売り切れ次第) カフェは12:30〜18:30ラストオーダーです
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle