蕎麦屋にこら

先週、東京から友人夫妻が京都へ旅行に来ていました。
美味しいお店はたくさんある東京。
なにを食べよう~、と選んだお店は・・・。

IMGP2079_convert_20110609100954.jpg

これは、フレンチ?

いいえ、西陣にある御蕎麦屋さん「にこら」の一皿!
「鮎のコンフィのリエット、蕎麦粉のブリニ添え レモンヴィネガーソース」。
イタッラのペーパーとアレッシのクーヴェル。
にこらさんらしいお料理とセッティングです。

ワインにも合いそう。
鮎の内臓のほろ苦さは、うーん夏が来た、と感じさせてくれます。

※このお料理は前日まで予約のコースの中の一皿です。
お料理は季節ごとにかわりますので、気になる方はお電話で確認を。
スポンサーサイト

パンを作りました(お店用ではありません(^^))

フランス料理店「ア・プ・プレ」さんが主催する料理教室「アンパルフェ」がパンのクラスをスタートされたということで、さっそく休日に参加してきました!
料理、お菓子はやってきた私ですが、パン作りはまったくの門外漢。
難しいことは抜きにして、楽しくパン作りしてきました♪
焼きたてのパンの美味しいこと!



IMGP1436_convert_20110302230809.jpg
これは、教室で作ったのではなくて、後日もらってきた酵母で作ってみたもの。
ビオのパンが作れたらと、お店の強力粉で作ってみたら、やっぱりちょっと勝手が違います。
パン生地をこねたり、発酵させたり。お料理ともお菓子とも違う動きや時間の使い方。なんだか楽しい!!
そして、おさらいすると、やっぱり分からないことが沢山。うーん、???。
でもでも、焼き上がったパンの可愛いこと(^^)パンかごを持って微笑む気持ちが分かります(^^)
そして焼きたてはなんだかんだ言っても美味しい。
(この子たち、次の日はあんまり美味しくなかった)
新しいことをするのは楽しいですね、ワクワクします。
sidetitleプロフィールsidetitle

コレット

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2012年、白梅町から下鴨に移転しました。 〒606-0831 京都市左京区下鴨北園町11-4 下鴨本通り北泉通り上ル西側 フレンドフーズ(スーパー)の二軒南です。
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:12:00~19:00(もしくは売り切れ次第) カフェは12:30〜18:30ラストオーダーです
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle