モミの木の蜂蜜のフロランタン



今週末はフロランタンが店頭に並びます。
今回使用した蜂蜜はモミの木の花の蜜。
すっきりとしたモミの木のニュアンスを探してみてくださいね(^^)

一枚ずつお求めいただけます。

スポンサーサイト

スパイスをもっと

スパイスを使ったお菓子、お料理に目がないコレットです。
でも一般的にはあまり受け入れられないかしら、とおそるおそるスパイスのお菓子を作って出していたのです。
パンデピスとか、スペキュロスとか。
でも、最近コレットのお客様には「スパイス好き」な方が多いことがだんだん分かってきました(^^)
「コリアンダー(香菜)」トークで盛り上がったりすることもしばしば。

スパイス好きの方は、コリアンダーとか、丁子とか、八角とか、クミンとか、そういう言葉に目がキラーンと輝くので、「仲間だ!」と、嬉しくなってしまいます。

そんなことを考えていたところ、業者さんからフランスのスパイスの会社を紹介されました。
「ジャルダン・デ・ゼピス」。トンカ豆やレグリーズ、グリーンアニス・・・。
目がキラーンとなるラインナップ。

明日からスパイスを使った「サブレ・サレ」三種類、登場します~!
エルブ・ド・プロヴァンス(プロヴァンスのハーブを使ったもの、ラヴェンダー入り!)
エピス・ルージュとフロマージュ(赤いスパイスとチーズ)
スモークソルトと胡椒(塩の燻製!スモーキーな香り)


サブレといっても、こちらは砂糖は殆ど入っていません。
どちらかといえばお酒のお供にぴったり。
ちょっと特別なプレゼントにも良いですね。

スパイストークで盛り上がりましょ



夏に美味しい焼き菓子を

湿気と暑さ、空気が重たいです。

こんな中お店に寄ってくださるみなさま、ありがとうございます。

暑いからロールケーキやめようかしら?なんて思ったのですが、
求めて来てくださる方がいらっしゃるのだから、ちゃんと作ろうと思います。

夏のギフトの時期です。
夏に美味しいと思えるクッキーをいろいろ作っています。

ムラング・ココ・マント:
ミント味のココナツメレンゲ。
夏のサブレ:
マカダミア・ナッツ、パイン、レーズン、レモンと甘夏のゼスト入りのサブレ。イメージはハワイ?
松の実のころころボール:
生地サックリ、松の実ねっちり!大人クッキー。
スペキュロス:
スパイスのビスケット。コリアンダー、シナモン、クミン、クローブ・・・。フランスの黒糖、ベルジョワ-ズを使いました。
胡麻のサブレ:
有機栽培の黒胡麻と白胡麻を香ばしく煎って、美味しいサブレを作りました!
ほんのり塩味。冷たいお煎茶とも合いそう♪

もちろん塩サブレ、胡椒サブレ、フロランタン、クロカン・アマンドもありま~す。
紅茶のサブレも作りましょう。

冷たいドリンクも良いけれど、温かいお紅茶やコーヒーをしっかり淹れて、焼き菓子と。
暑くて、疲れた体を癒す時間、ゆっくり取ってくださいね。

夏は長い。
のりきりましょう。


夏夏、言って、ブラウニーも夏仕様。
ホワイトチョコで作っています。
白いブラウニー?
マカダミア・ナッツとクランベリーをのせて焼きました。
コーヒーにぴったり♪

タルトも夏。
うちのブルーベリーとラズベリーにバナナをプラスして、フランのタルト作っています。
甘酸っぱくて、プリンはフルフル。
夏のタルトです。

とはいえ、コレットの定番「秋のタルト」は通年あります~。
ナッツとキャラメルは年中美味しいですから。

ぜひマイおやつや小さなプレゼントを探しにコレットにいらしてください

塩サブレたち

IMGP2031_convert_20110518090226.jpg

いま、塩サブレはこんな型で作ってます。
型はついつい増えてしまいます。なかには、うまく抜けないような複雑な形も・・・・。
アラベスクのポジションのバレリーナ型は無理でした
キノコ、くま、ワニ、魚はいけそう。
塩サブレでちょこちょこ使っていこうと思います。

クロカン・アマンド・ショコラ

IMGP1350_convert_20110211020958.jpg
クロカン・アマンドも焼きたてです。
今日はチョコチップ入り。
コーヒーにぴったりです。


コーヒーといえば、お客様の知り合いの方が円町にコーヒーのお店をオープンされたそうです。
「IWASHI coffee」。
気になる店名の由来は、ぜひお店で聞いてみてください。
私はまだ行けていませんが、北野中学よりちょっと南、西側です。近所だからうれしいな。
コーヒー豆の販売をされているそうです、もちろん店内でいただくこともできるそう。

書いていたら、コーヒーが飲みたくなりました!


sidetitleプロフィールsidetitle

コレット

Author:コレット
京都生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。
大阪あべの辻調理師専門学校フランス校卒業。帰国後は東京にてブラッスリー勤務、フランス料理業界誌記者を経て、2008年北野白梅町にコレットをオープン。2012年5月、下鴨に移転。

「可能な限り」ではありますがオーガニックの素材を使用しています。小麦粉はカナダ産の有機栽培のもの、砂糖はブラジル産のオーガニックのきび砂糖。スペシャリテは時期ごとに品種を変えてつくる林檎のタルトです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleコレットの住所sidetitle
2012年、白梅町から下鴨に移転しました。 〒606-0831 京都市左京区下鴨北園町11-4 下鴨本通り北泉通り上ル西側 フレンドフーズ(スーパー)の二軒南です。
sidetitleコレットの営業時間sidetitle
営業日:毎週金・土・日・月 営業時間:12:00~19:00(もしくは売り切れ次第) カフェは12:30〜18:30ラストオーダーです
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle